エラ削りをするなら美容整形の情報を集めましょう

エラが張っていると、我が強い印象になります。自分ではそうは思っていなくても、きつい印象もあるので、誤解されてしまうかもしれません。良い印象に変えるためにも、エラを削ってみませんか。どんな方法でエラを削ることができるのか、情報収集してみませんか。まず、どんな方法で美容整形のエラ削りできるかです。知らないと、どこを切開してエラの骨を削るのかすらわかりません。傷跡が残るのなら、エラはそのままで良いと思ってしまうでしょう。今の美容医療は、なるべく患者への負担を軽くしたり、傷跡が残らないように工夫しています。患者のことを考えて進化し続けています。だから、きっとどんな方法があるのかを知れば、エラを削ってエラを小さくしたいと思うようになるはずです。

口の中を切開してエラの骨を削る

美容整形でエラ削りを行う場合は、口の中を切開します。下の歯の歯茎の下を切開して、余分な骨や筋肉を切除して、エラを小さくします。どのようなエラの状態かによって、どれくらい骨を切除するのかが変わります。なるべく骨を多く切り取った方が良い場合もありますし、三角形に切った方が良い場合もあります。どれくらい骨を取り除くか、筋肉を取り除くかの違いはありますが、いずれにしても口の中を切開して取り除きます。意外とエラが大きくなった原因は、骨が大きいのではなく、筋肉が大きくなっている場合が多いです。だから、骨だけではなく、筋肉も切除しないとエラが小さくならないでしょう。口の中を切除していますから、傷跡が全く気になりませんし、確実にエラが小さくなるので、印象がガラッと変わります。

エラを削った後まで知ることが大事

エラを小さくするために美容整形でエラ削りするのですが、削った後が大変です。エラの骨や筋肉まで削ったことで、エラが腫れてしまいます。なるべくエラが腫れないようにするために、顔を圧迫します。ダウンタイムを短くするためには、顔を圧迫する時間を長くしましょう。痛みが出るでしょうから、鎮痛剤を処方してもらいます。完全に腫れが引くまでは、半年くらいかかると思ってください。しかし、ダウンタイムには個人差があります。1ヶ月も経てばほとんど腫れが引いてしまうことも多いです。リスクは多いですが、ずっとエラが小さいままです。ボトックス注射でエラを小さくできますが、一時的なので根本的な解決とまではいかないでしょう。手術後は大変ですが、ダウンタイムを過ぎればシャープな顎のラインになります。